スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

とうとう 


昨日のブログとは正反対の超ブルーな
内容です。
429.jpg

そして、長文です。


ルウの白血病が発症しました。
430.jpg

昨日の夜
いつものようにコテンと床に転がって寝ていましたが
431.jpg

なんとなくいつもと違う感じがしました。
しんどそうな感じが・・・。
気のせいかな?と思っていましたが

今朝、いつも目覚ましが鳴るとうるさいぐらいに
鳴いて私や旦那の後をついて回るのに
今日はそれが無くベットでおとなしく寝ている。

旦那が近づくと逃げるのに今日は逃げ足が遅い。
それどころか簡単に触らせてる。

すべての行動が遅い。

旦那に『ルウの様子がおかしい。』と言っても
『そーか?』と返事が。
やっぱり私の気にしすぎ?

シーバをあげたら元気になるかな?と
思ってあげても匂いをクンクンするだけで口には入れず。
明らかにライクとリイと反応が違う。

なんとなく、もしかして・・・と思いもあって
旦那を見送ってから病院へ。

見た目と私の観察したルウの様子を一通り話し
先生もルウの触診をしても分からない。
体重は4.5キロ。
そして、血液検査へ。

結果は
赤血球が以上に少ないのと黄疸が出てる。

この反応は白血病発症の疑いあり。
そして、腎臓の様子もおかしい
血液が腎臓に働きかけていない。

他にも色々言われていたけど
頭に入ってこず。

やっぱり・・・いやな予感的中。
そして、とうとうこの日が来てしまった。
無事に1歳になったと思って喜んでたのに。
そんな思いばかりが頭の中でグルグル回ってました。

とにかく危険な状態。
きっと以前から調子は悪かったはずと言われた。
全く気がつかなかった。
昨日までは皆で元気に遊んでたし
ニャーニャーうるさかったし。
遊びつかれてコテンと転がって寝ることも毎日だったし。
432.jpg

昨日の夜もズウズウしくライクに足乗っけて寝てたし。
433.jpg


なのに、本当は入院が必要。
そして、人間にたとえると面会謝絶な状況。

そこまで聞いて泣きそうでした。
私が一人で行って良かった。
旦那と一緒だったら絶対に泣いてた。

今日はとにかくできるだけのことをやりましょうと言われ
インターフェロンと腎臓を働きかけを促すのに
血液を働かせるための点滴をしてもらいました。

『これで、少しでも良くなってくれればいいんだけど
本当は入院して治療するのがいいんだけど
猫ちゃんはそれはストレスになっちゃうから
通院という形で明日も同じ治療をしましょう。
もし、明日もこの治療をしても何も変化がないと・・・』
と先生。

私は今日はたまたま休みで午前中の朝一番に
病院に来れてるけど明日は仕事。
旦那も仕事。
飼い猫が危ない状況と言っても休みなんてもらえるわけが無い。
でも、家のニャンズがお世話になってる病院は
20時までやってるので私が急いで帰ってくれば
間に合う。

『夜に来ても大丈夫ですか?』
私が聞くと
『大丈夫だけど・・・それまで・・・』

え???
そんなに・・・そこまで危ないの?
ピークです。
涙が出そうでした。

タイミングよく点滴が終わり治療室を出て
食欲がないので栄養のあるチューブの薬を
貰って帰って来ました。

そして、旦那に泣きながらメール。
病院から家に着くまで涙を堪えていました。
人があんまり歩いてる場所ではないけど
さすがに泣きながらは・・・と我慢で。

メールも文字が見えなくて
でも、必要なことはちゃんと伝えないと
仕事から帰って来てからでもいいんだけど
コレばっかりは早くしないとと
一人で焦っていました。

しばらくすると手が空いたのか
旦那から電話が。
泣きすぎて言葉にならず。
ルウはそのとき私の膝の上でしんどそうに寝ていました。
この温もりがもうすぐ無くなるのかと思うと・・・

メールで必要なことを伝えているので
後は先生に言われた明日の治療。
もしかしたら夜までは・・・ということを。
言葉にならずだったけど、なんとか伝えられ。

そして、分かっていたことだし
私が悪いわけじゃないんだからと怒られ。

私も覚悟はしてたけど
こんなに急に・・・
少しずつ調子が悪くなっていくんじゃないの?と
そして、いつから調子が悪かったんだろうという思い。
混乱してしまって
この子が居なくなっちゃう
今まで一緒に過ごしたライクはどう思うかな?
産まれてからずっと仲良く一緒だった
リイはどうなっちゃうかな?
こんなに急に弱ってしまったルウ
なんでもっと早く気がつかなかったんだろう。
サインはきっと沢山出してたはず。

そんな事が頭の中をグルグル回って
旦那との電話も泣きながら切りました。

少しすると旦那からまた電話が。
とりあえず、明日の仕事は午後からにしてもらった。
今、してあげられることを出来る限りしてあげよう。
一日着いてあげれるわけじゃないけど
朝一に病院に行って治療してもらって
それで何かが変わるなら・・・。

今度は嬉しくて泣いてしまいました。
そして、『ありがとう。』と言うと
『なんでやねん。』あたり前やん!という感じの返事が。

病院から帰ってきてからのルウです。
434.jpg

ライク兄さんが心配してます。
435.jpg

また元気に走り回って
ニャーニャー泣きながら追いかけて貰いたい。
ゴロゴロ言いながら手をスリスリして欲しい。
スポンサーサイト

ルウーっ

本当にkiyoさんの せいとかではないし いろいろ考えることとか 涙が出ることもあると思いますが 今後のことを一番に考えてあげてください!!

[2007/04/10 22:04] かたきょう [ 編集 ]

☆お返事☆

+++++++++++++++++++++++++++

かたきょうさん。

ありがとうございます。
ホント泣いてばっかりいられないんですよね・・・。
今後のことも考えないといけないんだけど
私もししょーも何をするべきなのか全く分からない。
ルウを一番に考えてあげるだけです。

+++++++++++++++++++++++++++
[2007/04/10 23:28] kiyo [ 編集 ]

元気だして!

kiyoさんのせいじゃないよ。
昨日までライクくんの体に足乗せて寝たりしてたんだもん。
覚悟していたとはいえ、やっぱりきついです。
治療がうまくいって、元気になってくれるように
お祈りしています。
ガブリエルとそっくりなルウくん
キョウダイそろって長生きさせてください。神様。
[2007/04/11 01:32] ぺろこ [ 編集 ]

なんて書いていいかわかんないけど・・・・。うちでも2匹フェレットを飼ってて、1匹が老衰で亡くなった後にもう1匹も1年で他界しちゃったんですよね。一番面倒を見てた母親が一番落胆してて。最後のコは母親が家に帰ったらすでに冷たくなってたって。動物はしゃべることができないから自分がしんどくても伝えることができないんですよね。でも母親は私達が気付かない変化にも気付いてたんですよ。そのおかげで早めにいつも病院に連れてってあげることができた。
3匹のコ達をいつも愛情かけて見てあげてるKiyoさんだから、今気付くことができたんじゃないかな。遅すぎた、ではなくて生きてる内に気付けたこと、そしてこれから一緒に過ごす時間を大切にしてあげてくださいね。なんか何ゆってのかわからないコメントですいません・・・(>-<)
[2007/04/11 05:16] kakito [ 編集 ]

お辛いでしょう。

はじめまして。
みーもさんの友人のじゅり母です。
白血病で2にゃんを亡くしました。
自分の看病の経験を、同じ病気と闘う猫ちゃんのために生かそうと、応援をしています。
ルウちゃんの発病のことをさっき知って見に来ました。
白血病は静かにやって来ます。
気づいた時には「あと1週間」なんて言われたりします。
でも猫ちゃんは本当にがんばってくれますよ。
テトは2ヶ月、オリバーは7ヶ月がんばりました。
「猫の集会場」の私の日記を見に来て下さい。
闘病の話が載っています。(9月の前半に多いです。)
参考になることがあるかもしれません。
ご自分の日記に載せたり、コミュニティに書き込みしたりすると、経験者の人たちがアドバイスを下さると思います。
まだ腫瘍ができていたりしないなら、持ち直す可能性もあります。
気持をしっかり持ってルウちゃんをお世話してあげて下さい。
応援しています。ルウちゃんに奇蹟がおきますように!
[2007/04/11 15:43] じゅり母 [ 編集 ]

☆コメントを頂いた皆様へ☆

+++++++++++++++++++++++++++

お返事が出来なくてすみませんでした。
そして、ご心配・アドバイス
ありがとうございました。
ルウは最後ちょっと苦しんだ感じでしたが
私の腕の中で永遠の眠りについてくれました。
ずっとついていてあげることができて
それだけで良かったなと思っています。

みんなの思いは届かずでしたが
みんなに想われたルウは幸せモノです。

本当にありがとうございました。

+++++++++++++++++++++++++++
[2007/04/11 19:37] kiyo [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://likeriru.blog73.fc2.com/tb.php/146-06c208b0


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。