スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

非力 


私の職場の周りには野良ニャンが沢山居ます。
只今出産ラッシュ。
私が知っている限りで3匹のママ猫が
それぞれ3匹ずつ子ニャンコを出産したようです。

P1010009.jpg

この子は職場の最寄駅で生活をしている子です。
雨宿りをしているところです。
とっても可愛い子です。
餌やりさんがいるので大きく育っています。




P1010006.jpg


P1010007.jpg

この子たちは兄弟です。
職場から見えるところでいつも仲良く遊んでいます。
去年の秋に生まれた子達です。
ママに甘えている姿を多々見かけます。
この子たちが生活をしているエリアには
この子達を含め7ニャンが仲良く暮らしています。
餌やりさんもいます。
雨の日にはこの子たちの為に傘も置いてあったり
ダンボールを敷いてあったりしています。

この兄弟にはパパもママも一緒に生活しているので
幸せそうに見え特に心配はしていませんでした。

ところが、この子達と一緒に生活している別の子の
子ニャンコがイタズラされていました。

生後1ヶ月前後。
多分、3兄弟の内の1匹だと思いますが
両目に人為的に枯葉を2枚敷き詰められていたのです。
目ヤニがひどくそのおかげで枯葉が目にくっつき
自分の力でも母猫の力でも取れない状態。

その子猫を初めに見つけたのはお客さん。
近くに居た同僚に声をかけ、同僚は先輩に相談しているところ
たまたま近くを通った私に同僚が助けを求めてきました。

初めは目ヤニで目がくっついてしまっているのかと思いました。
だけど、抱き上げてよく見ると
枯葉がしっかり両目にくっついている。
そして、足にはウンチがチョロチョロついている。
いつからこの状態なんだろう。
午前中に私がこの場所に来たときには居なかった。

目はちゃんとあるんだろうか・・・?
取られてる事はないよね???

すごく怖かった。

周りを見渡すとママ猫が遠くから見ていた。
職場の外でやられたのか、職場内でやられたのかわからないけど
きっと母猫が自分の力ではどうしようもないので
人目につく場所に連れてきたのかも。

このまま素手で取ってしまうとどうなるかわからない
お湯で蒸らしながら少しずつ枯葉を取るしかない
先輩が事務所の上司に状況を話してお湯を貰ってくると言い
その場を離れました。

・・・。
事務所の上司に相談したら間違いなく
ここから違う場所に連れて行かれてしまう。
母親がすぐそこにいるのに!

私は上司が来るまでになんとかお湯なしで
枯葉を取ろうと思いました。

危険だけど、枯葉が割れれば取れると思う。
そして、ちょっと痛いかもしれないけど
無理矢理取ってしまおう!
時間もないので急いでやりました。
とりあえず、目があるかどうか手で確認。
多分、目玉は感触的にある。
そして、行動に移しました。
目はちゃんとありました。
ウルウル可愛いお目目が見えました。
キレイにするには水分が必要だけど
取りに行く時間がないから母猫に任そう。

目は見えてるんだろうか・・・?
確認するすべが何もないので、少し離れてみる。
なんとなく障害物をよけてヨチヨチ歩いている感じ。
ママ猫が取りに来ないかな~とママ猫の方を見ると
ただコチラを見つめるだけ・・・。
時間がないからママ猫の傍に子猫を連れて行く。
子猫のお尻の匂いを確認して自分の子と察知したのか
子猫の首を咥えて私たちの目の前から姿を消しました。

その後、すぐに事務所の上司が到着。
セーフ!
子猫の目にあったゴミを取って
歩かせたら母猫が連れて行ってしまったと説明。
子猫にイタズラをしたのは遠足に来ていた
小中学生なんじゃないかと思います。と。

すると、
『よくそんな人非道的なことが出来るなぁ~。
でも残念!捕まえて○○に連れて行こうと思ったのに。
今度、母親も捕まえられたら一緒に連れて行くわ。』

やっぱり。
無理矢理急いで良かった。
せっかくママと幸せに暮らしてるのに
右も左もわからないところに連れて行くなんて許せないです。
生きていけるわけがナイ。

この台詞を吐いた方。
前日も捕獲した生後3ヶ月前後の子猫を
ダンボールに入れ、ガムテープでフタを閉めたらしいです。
周りに居た猫好きの方々が
『そんなにしっかり閉めてしまったら
息ができないんじゃ・・・』
と言うと
『大丈夫やって、この前も同じようにしたけど
しぶとく生きとったやん。』

この台詞も人非道的ですよね。
これで、私はこの人を見る目が変わりました。
このやり取りは私は職場の子に聞いたのですが・・・。

ダンボールに入れられた子は
ちょっと離れたところに連れて行かれたそうです。
次の日にはその子の兄弟が連れて行かれてしまいました。

殺人事件などでよく騒がれる場所へ・・・。

こんなことがわかっているのに
連れて帰ります。
言えない私。
私だけじゃなく、他の職場の人たちも
すでに猫を飼っていて
連れて帰ってあげられないという人たちばかり。

私もルウを失いその悲しみを
新しい子を迎えて紛らわそうと
旦那にも言いましたが
リイのストレスになるということ
そして、またライクを馴らすということが
難しいし大変ということで即却下されました。
連日続く出来事。
その度に旦那に話すので
いい加減しつこいと怒られました・・・。

家が広かったらとかお金持ちだったらとか
色々思ってしまいます。

私がずっと考えているのは
子供は要らないので、
私が生きて元気に生活が出来ている限り
猫と過ごしたいということです。

遠足に使われる施設で働いていると
学校の校風というのが少し見えます。
挨拶が出来ない先生。
注意が出来ない先生。
人の話を聞かない先生。
(説明したのに聞いていないと言い張る。)
生徒の前でタバコを吸う先生。
生徒を残しトイレに行ってしまう先生。
(このとき、トイレに行った先生しか引率の人が居ない状況)
生徒をヤツら・あいつらと言う先生。
他にもありえない行動があります。

こんな先生当たり前なんですか?
私が小学生の時にはいなかったと思う。

そして、こういう先生達に指導されている子供達は
やっぱり可愛くないです。
ムカつきます。殴りたくなります。

こんな光景を目の当たりにして子供を欲しいなんて思わないです。
一日の大半は学校で過ごすのに先生がこんなんじゃ
子供を安心して預けられないです。
こういう人たちが指導するから
犯罪者が増えるんじゃないかと思いました。

こんなおかしな世の中に子供を産み育てたくはない。

そういう考えから私は一生を猫と過ごしたいと考えました。
一緒に生活できる猫数は限られているけど
非力だけど、少ないけど、助けられる。
子供を産んでお金をかけるなら、その分猫にと。

残念ながら
コレは私一人の考えなので実現するかわかりません。
旦那は子供は今は要らないけど、そのうち・・・と
考えているようなので。


ただ、今現在生まれている子猫たちを助けてあげられない。
それがどうしようもなく悔しいです。
スポンサーサイト

わたしも・・・

kiyoさんの考えていらっしゃること
今の私にもピッタリきます。
猫好きじゃない人にしたら
猫への子供の虐待は「遊びだから・・・」で済まされるのかもしれませんが
私には許せない行為です。
そんな残酷な遊びをするような子供に育てた
親の顔が見たい・・・・
もしも子供が犬や猫を虐待している場面に遭遇したら
「おばちゃんがあんたらにも同じ事したるわ!」と
叫んで飛びかかってしまいそうです。

昔は結婚したら子供を持つことに
なにも疑問を持たずに、それが自然なことだと思っていました。
今は・・・いろんなことを考えすぎて
自然に子供を持つことができなくなってしまいました。

[2007/05/24 13:46] ぺろこ [ 編集 ]

私も!

同じ考えです!
旦那は子供が欲しいといいますが、私はにゃんこと生活したいと思います。
そのにゃんこたち、どうにかしてあげられないんでしょうか?(T_T)
人もにゃんこも同じ大切な命なのにおかしすぎる!
にゃんこにひどいことをする人間は人にもやさしくできるはずがない!と私は思います。
こんな世の中、どうかしてる!怒
[2007/05/24 14:16] pannonki [ 編集 ]

仔猫を助けてくれてありがとう!

子猫の目が無事でよかったです。
酷いことをする子供がいるものです。
そんな子供は許せない。
同じ事をされたらどれだけ痛いか、想像できないのでしょうか。
kiyoさんは子猫の目を守って下さり、母猫にちゃんと引き渡して下さった。
それだけでもその親子にとってどんなにありがたかったか・・・・
感謝します。

私もいつも救いたいのに救えない苦しみを感じます。
でも保護シェルターがない現在、
個人にできることは限られています。
悔しいけど全ての子を受け入れることはできません。

その子たちがどうか無事に生きていけますように!
[2007/05/25 23:19] じゅり母 [ 編集 ]

こんばんは。初めまして。

気持ちと裏腹に、救ってあげられない自分の生活環境に苛立ちを覚える人って私を含め、沢山いらっしゃると思います。救える人と不幸な動物たちのバランスはいつまで経っても取れないままで・・
プラス命ある子たちを物のように軽く考えて虐めたり詰め込み放置したりする人間まで存在して・・。
動物を好きになればなるほど、辛い現実が見えてしまう悲しい人間社会ですよね。
餌やりさんと協力してTNRが出来ればいいのに・・と思ってしまいますが、それも難しいのでしょうね。自分が救ってあげられないからと、悲しみ過ぎないで下さいね。m(__)m
[2007/05/25 23:57] まりる [ 編集 ]

☆お返事☆

+++++++++++++++++++++++++++

ぺろこさん。

酷いことばかりですよね。
私も自分の子供が酷いことをしたら
家から出したくなります。

私も結婚したら子供を持つことは自然なことだと
思っていましたが
この世の中の状況を考えると
子供を持つべきではないかもと思いました。

+++++++++++++++++++++++++++

pannonkiさん。

にゃんこたち心配になって様子を見に行きましたが
姿を全く現さないんです・・・。
どこかに行ってしまったのか
隠れているのかわかりません。

この世の中ホントどうかしてます。

+++++++++++++++++++++++++++

じゅり母さん。

母親の元に返せたことは良かったと思っていますが
やっぱり保護するべきだったのか・・・とも
考えてしまいます。
今、あの親子は姿を現さなくなりました・・・

+++++++++++++++++++++++++++

まりるさん。

はじめまして。
コメントありがとうございます。

エサやりさんは私たちの朝礼中や終礼中に
来ているようで、接触がとても難しいです。

猫好きじゃなかったら・・・と
思ってしまうことも多々あります。
難しい問題がありすぎ、猫を救えないもどかしさ。
心が痛くなりますね。

+++++++++++++++++++++++++++

[2007/05/27 21:24] kiyo [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://likeriru.blog73.fc2.com/tb.php/170-66eba4ce


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。